インドで勉強

マントラをナマ美たくて、いろいろ調べて・・・いや、調べる前に
「マントラったらやっぱりインドでしょ」てなもので、インドでマントラを学べるところを探しました。
あまりないのですが、聞けば「やってあげるよ」てなところはあります。
ネットで出て来るようなところは高いので、
直接行って「教えて」というのがいいようです。

じっさい、過去にこれで教わった事があるのですがね、、
期間が短くて見に着くのが遅くて、、、自分の能力不足なのですが、
なので次回はちゃんと学ぶために時間も作りたいです。

ヨガのインストラクターになるための資格取得コースではマントラがある場合もありますが、
本の数時間、ただ聞いただけではマントラを学んだとはいえず、
あれは資格取得のための受講であって、ちょっと違うと考えてください。

インドじゃなくてもいいのですけど、マントラはサンスクリット語なので、
インドでみっちり勉強してマントラが唱えられる人、
またはやはりインドに行って学ばないと本格的なものは身につかないですね。

インド息を勧めるわけではないのですが、本場はやっぱり違うと思います。
行って「教えて」で教えてくれるとこなんて、他にないと思うし(!)。

豪華な別荘

世界的に有名になった日本人の俳優さんが、軽井沢の別荘でたびたび目撃されるようです。
離婚していますが、その離婚の原因となった女性といるとか。
ありゃーー、それはどうなの、って感じですけど、
まー大人のすることですからね。

不倫が原因で離婚すると、あんがいその不倫相手ともダメになるのですが、
このふたりは続いていて、結婚もするのだろうか。。

そもそも不倫相手が世間にリークしたとも言われていて、
それは自分が妻の座につきたいからだっていうし。

とにかく、豪華な別荘にいるみたいです。

豪華といっても冬は寒いので、灯油とか、冬に入る前は運び込んでいたのだそうです。
誰のことかわかるかな??

軽井沢に別荘がある芸能人は多いでしょうねー。

いつか自分も持ってみたいものです、でも、暖かいところに!
寒いところで別荘なんかあっても意味がないのだ、自分には。
そんな日が来ますように。

親の七光

とかく話題になるキムタクと工藤静香の娘。
親の七光さまさまですが、それも彼女のパワーなのも確かです。
今後を見守りましょう。
親が嫌われているからって子供をきつくするのも。。。どうかと思うのです。
って正義ぶってるわけじゃないけど。
(だって私もあの娘さんに才能があるって思ってません。
スタイルもいいとも思ってないし、顔も、、世界には通用しない顔だって思ってます。
でも、それらはおいといて、努力したら、いいバックグラウンドはあるわけだし、
成功してもいいと思うんだよね)

なので今は見守って、数年先を見ましょうよ。
親のチカラだけではダメだってことも、本人も分かってきますよ。

親の七光でいうと、スポーツ界にだってあるし、政治家にだってあると思うのです。
いいじゃないですか、そんなオタをモテたこともその人の人生なのだ。

ただ、お金があるからって覚せい剤とかね、、そういうのはいけないですね。
親は逆に見放さないといけない。
お金なんて与えてはいけない。
人間としてやってはいけないことだから。
ってところで、どうでしょうか?笑

フィラディルフィア

映画「フィラデルフィア」を、少しだけみました。
なんで少しだけって、、、録画ではなくDVDでもなく、テレビ放映されていたのを途中から見たのと、
終わりまで見ないで用事があって出かけてしまったから、であーーる、わはは。
でも、全部見たかった映画でした。

最後はどうなったんだろう、、、死んでしまったということだけど、
裁判はどうなったのだ、、、いろいろと今もんもんとしています。

昔は本当にあんな感じだったのでしょうねー、エイズ患者に対しては。

私が見たシーンでは、図書館で調べものをするトム・ハンクスに、図書館員が
「個室へいってくれ」(エイズだって感づいてる)
っていうところです。
そこにいただけでは映らないし、あからさまな差別ですね。
(トム・ハンクスは演じているだけでエイズではありませんよ)

トムは弁護士(役)で、自分で自分を弁護しようとするんだけど、ゲイ嫌いなかつてのライバル、
デンゼル・ワシントンに依頼を頼みに行きます。
最初は断られるんだけどね。
でも立派に弁護してくれるんです、偏見も減っていきながら。
この映画、今だからこそ見てほしいものですね、今は差別はいけないって言われて久しいし、
エイズ患者への理解もあるようになってきました、でも、だからこそ、見て欲しいのです。

よかったらーー!

過去の栄光

誰でも少しは過去の栄光ってものは持ってると思います。
どんな小さなことでもいい。
例えば、学級委員長をやったことがある、とか、生徒会長とかでもいい。

それのもっとおおきなことになるやすいのが、、、芸能界。

「笑点」の初代の座布団を運んでいた人が、今は生活保護で生活してるんですって。
でもこんなの、、、別にあってもいいと思うんだよね。
テレビに出てるからって収入がいいとかもないと思うし、
やめたらただの人だし。

でもこの人、要ればをなくしてしまっても買えないので歯がない状態だとか。
ありゃりゃーー。
それじゃ美味しくご飯が食べられないね。

でもその記事を読むと、毎月13万円の生活保護をもらってるらしい。
もちろんここから家賃とか光熱費なんかがあるから大変だけど、
働いても13万円くらいの人だっているのに、、、って思ってしまった。

パート勤めの人は13万くらいな人もいますよ。

どっちが栄光で、なにがいいんだか、、人生ってわからないよね。

まだまだ!

まだまだ婚活なることが流行っていて、いまはもう英語で、というか世界共通の言葉、
「KONKATU]として立派に通じるということが分かった。
こういうことに興味のない人はもちろん知らないと思いますけど。

その婚活を読んでいると、なんていうか、、長い!
何年もかかってやっと彼氏が出来た、とか、やっとなんとか結婚、とかね。
10年とかザラ。
子供がほしいと思っている女性に歯リミットがあるから、それ相応の年齢になると
相手の条件も替えてトライしてみたりするらしい。

自分の子供じゃなくてもいいけど、相手の子供を育てるのでもいいけど、、、
でもそこに前の奥さんがウロウロするのはいや、とかも。
死別以外ではない話ですよね、それに、年齢か環境によるけど、
産んだお母さんにだって会う権利はあるはずだ。
このあたりは外国と違うね、考え方が。

婚活の勢いはまだぜんぜん後退する気配がない感じですけど、
結婚することだけがシアワセではないですからね、、、なんていうか、、、
もっと他にも目を向けてもいいかも、、、って、ちょっと思ってしまいます。

宗教のこと

宗教のことを語る気はありません。
今日書きたいのは、自分は信仰してる、もしくは少しでもかかわりのある宗教と、
そうではないまったく無関係の宗教では、事件んがあった時の関心度が違うんだなってことです。

映画「スポットライト」を見てそう思いました。

他の地域から不妊してきた記者が「どうしてこれを調べないの?」ってことですが、
その土地に住む記者はカソリックで、そのカソリックの悪いものを暴けと言われても、、、という。

宗教ってそこまで??とも思うけど、結局はあばいていくんです。
実話なのです。

犠牲者は子供たちなんだけど、新婦から受ける性的虐待でおかしくなるんですね、
親は新婦を信じてる、子供だって信じたいし、神父は神なのだ。
その神父からおかしなことをされて、人に言えるわけないのだ。

だからずっと公にならなかった。

宗教を信じるものへの罪。

映画を見て初めて知ったという無知な時分が恥ずかしい、でも分かってよかった。
見てよかったです。

映画っていいものですな(笑)、これからもこういう、タメになる映画を見たいな。

親のしたこと

和歌山のカレー事件、で、もうお分かりですね?
林死刑囚には4人のお子さんがいたんですね、知らなかったです。。
その子供たちはあの事件のあと、ものすごい人生を歩んだらしく、
最近ちらほらと報道が出ていました。

親のタイホ時には女性の警官が「数日分の着替えを用意して」って言われて用意して、
そのまま施設に入れられたそうです。
イジメにもあいました。

お正月などになると、施設内のほかの子供は親のところに帰るのに、
林死刑囚の子供たちは行くところがなくてそのまま。

親戚もいなかったんだろうか。。。いずれにしても可哀想でした。

なにげにラジオにリクエストした歌を聞いて号泣したり、、死刑囚も泣いた。

今では冤罪かも、なんて言われてるのですが、いずれにしても子供には関係のないこと。
子供をいじめる大人もいたそうだし、なんて世の中だ、って思います。

林マスミの夫は景気を終えて出ていあmすが、今はどうしているのやら。。
身体も丈夫ではないのでね、介護されてるって聞きました。

子供たちは可哀想ですが、夫も。。。なんだか可哀想。

はぁ、、、溜息しか出ない。

もしかして。。

良く知らないのですが(芸能界を良く知りません)、もしかしたらキムタクと工藤静香さんって離婚するかもなんですか?
工藤静香さんが最近動き出したのはそのせい?
なーんていう噂を聞きました。
性格には、読みました。

娘さんが出てきたのもそのせい、なーんてね。
そんなことはなさそうなのですが、ちらっとね。

なんでも、キムタクは工藤静香さんがやることに口出しはしないそうで、というか、出来ない?
姉さん女房だし、わりと亭主関白ではないんですね。
もしかして、、というのは、キムタクの方が嫌気がさしてきてるのかも。
彼は娘さんたちのそういう表だった事は望んでいなかったというし。
娘さんがどんなに言っても工藤静香さんがゴーサインを出してしまったら彼には反対出来ないわけですよ。
そういうバックグラウンドも、、、キムタクにとったは汚点かもですね。

ジャニーズも最近は事件が多くて、芸能界きってのすごい事務所だったけどそうでもなくなってきて(?)
キムタクはそこにいるわけですからね、本人も考えなくてはいけないところに着ているのかも。
演技も悪くないし、そもそも容姿がいいから人気でしたけど、
もうそんなことだけでは立ち位置が怪しいのかもです、時代は変わりますからね。
あまり興味はありませんが、応援してないというわけでもないので、
頑張ってほしいです。

体重が減った

なかなか落ちない体重が減っていました。
ビックリ。

なにかしたわけじゃないのですが、忙しかったせいか減っていました。
うーん、喜んでいいのか。。
減り方って大事ですね、急激に、例えば病気とかなんとかで痩せた時って健康的ではなく、
顔もおかしいです。
でも健康的に痩せるとそうでもない、身体だけが綺麗に痩せて顔はそうでもない、、
そんなことはめったにないんだけど、だからこそ皆さん苦労してるわけだしね。

でも今回は、苦労もなにもしないで減っていた。
体重が減っていただけでサイズは?ってなるけど、あまーり変わってないのかなー?
もともとすごいオデブさんではもないし、わからないです。
でも数字ってすごいね、体重計乗った時は目を丸くしましたよ。

逆に、ほんの少しでも増えていたら腹がたったんだろうなー。
(なにもしていないのに!)
数字って目に見えて分かるものだから、身体のサイズも府合えたり減ったりしたらその度に
泣いたり(!)喜んだりしてたのかも。
そういえばサイズなんて知らない。。。
ただ、昔ははけたジーパンがはけなくなった・・・・ダメじゃないか!

体重だけでは分からない身体の変化はサイズか!
ジーパンか!